Yoshihiko Ueda「A Life with Camera」

FullSizeRender

 

Gallery 916で行われている、上田 義彦さんの写真展「A Life with Camera」に行ってきた。

言葉にするとチープになってしまっていやだけれど、ギャラリーにたくさん並ぶ写真たちを見て、何にも捉われていない、重みのある自由さを感じた。

 

被写体は、人から物から風景まで本当に様々で、撮り方も多様。

まったくどこにもピントの合ってない写真もあるし、ものすごーーーくアンダーでやっとのことで海なんだとわかる写真もある。

フィルムもデジタルもあるし、実際に使われている広告写真もあれば、プライベートのような家族写真もある。

こう撮らなきゃ!ああ撮らなきゃ!と頑なになっていた心を、少し解放してもらったかんじです。

 

そして、何より素敵なのが、一枚一枚異なる額に大切に納められて飾られていること。

写真家とは、写真を大切にする人のことなのかな、なんて思ったりもしました。

心が洗われて、また行きたい、そんなふうに思ってしまう写真展でした。

上の写真は、ギャラリーからの風景。

 

camera:iPhone 5

location:Gallery 916

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です